歯列矯正3>出っ歯の原因と治療の必要性

出っ歯になる原因は、遺伝的要素が多いと言われますが、この遺伝的要素や、成長期における何らかの原因により、
正しい呼吸法である鼻呼吸が美味くできなかった場合、口呼吸を長く続けていることも出っ歯になる原因だと言われています。

また、乳幼児期のおしゃぶりや指しゃぶりも、出っ歯になる原因だと考えられていますね。

出っ歯は、上の歯が前に出ている状態を言いますが、この状態のまま放置していると、
歯が折れやすかったり、虫歯や歯周病の原因になり、気になる口臭も発生させてしまいます。

また、見た目を気にする人には、コンプレックスにもなってしまいます。

そして、出っ歯だと、かみ合わせも悪くなってしまい、食べ物をしっかりと噛むことができず、
顎に負担をかけ、顎関節をいためてしまうこともありますし、顔や体全体に不調を起こすこともあります。

このようなことから、出っ歯には「治療」が必要です。
出っ歯の治療には、矯正器具を用います。

出っ歯の程度により、差し歯や抜歯を行い、
矯正器具で歯を理想の位置へ移動させます。

成長期の子供のころから治療を始めれば、顎の成長を抑える方法で治療することも可能ですから、
幼児期に出っ歯であることに気付いた場合には、早めに専門医に相談することをお勧めします。

矯正器具での治療が困難な場合には、
外科的手術と矯正器具での治療をあわせて行うこともあります。

いずれにしろ、矯正治療は長期間・費用が高額になりますので、
信頼できる医師のもとでの治療が必要です。


姉妹サイトです。ここも役立つ情報いっぱい!!

http://shiretsukyousei1.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−1】
http://shiretsukyousei2.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−2】

inserted by FC2 system