歯列矯正3>出っ歯の治療法

上の前歯が前に出てしまっている状態を「出っ歯」と言います。

この出っ歯を放置していると、歯が折れやすくなったり、虫歯や歯周病の原因となるなど、
お口の様々なトラブルを引き起こしやすくなります。

また見た目を気にする人は、コンプレックスになってしまうこともありますね。

かみ合わせの面でも、しっかりと食べ物を噛むことができず、
顎関節に負担をかけることになりますし、消化吸収にもよくありません。

出っ歯が原因で、体に不調がおきてしまうということもあるのです。

このようなことから、出っ歯には治療が必要なのですが、
出っ歯の矯正には「矯正器具」を使用します。

歯の状態や年齢によって、差し歯や抜歯をし、矯正器具を用いて歯を後へと移動させる場合もありますし、
矯正器具による治療が不可能だと思われる場合には、
外科的手術をした後、矯正器具を使用して矯正する場合もあります。

成長期の子供であれば、顎の成長を抑えると言う治療方法も可能ですから、
乳幼児期に出っ歯であることに気が付いた場合には、
早めに専門医を受診すると良いですね。

出っ歯になる原因は、遺伝子要素が大きいとされますが、
その他にも成長期に鼻呼吸がうまくできず、口呼吸を長く続けてしまっていたという場合は、
乳幼児期の指しゃぶりやおしゃぶりが原因になるとも考えられています。

子供が出っ歯にならないようにするためにも、
口元を観察することが必要ですね。

出っ歯の治療は、治療期間が長くかかりますし、治療費も高額になります。

しかし、歯並びは体全体の健康を維持するためにも大切ですから、治療をお勧めします。

信頼できる医師のもとで治療を受けることができる様、病院を選ぶことも大切ですね。


姉妹サイトです。ここも役立つ情報いっぱい!!

http://shiretsukyousei1.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−1】
http://shiretsukyousei2.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−2】

inserted by FC2 system