歯列矯正3>乳児の受け口矯正開始時期

歯が生えてきたばかりの赤ちゃんは、
その違和感から前歯をギリギリ歯ぎしりするようなしぐさをしたりします。

これを受け口と勘違いしてしまうことがあるため、
正確に受け口と判断できるようになるのは3歳くらいになってからです。

3歳児のおよそ1割の幼児に受け口が見られるようですが、
受け口は遺伝的要素が強く、両親のどちらかが受け口であると、
子供が受け口になる可能性も高くなります。

受け口の本格的な矯正を始める時期は、
6歳くらい、永久歯に生え変わる頃からが適しているとされています。

乳歯の時期に行うことが出来る矯正治療としては、
「ムーシールド」という特殊なマウスピースを使って治療を行う方法が注目されています。

ただ、夜寝ている間だけの装着になりますが、幼児がマウスピースをきちんと装着した状態で、
しっかり眠ることが出来るかどうかと言う点で問題があります。

このムーシールドによる受け口矯正の治療効果は、
数ヶ月ほどで効果が現れてきます。

受け口矯正には、始める年齢や、治療方法についても、
その子供それぞれに異なりますし、色々な方法があります。

自分の子供が受け口ではないかと、気になるようなことがあれば、
まずは小児矯正歯科に相談することをお勧めします。

受け口の場合、幼児の頃から適切に治療を行うことで、比較的短い期間で矯正治療が完了できるようですし、
なによりも受け口によって起こる、様々なお口のトラブルにも、早めに対処することができますよね。


姉妹サイトです。ここも役立つ情報いっぱい!!

http://shiretsukyousei1.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−1】
http://shiretsukyousei2.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−2】

inserted by FC2 system