歯列矯正3>かみ合わせ治療

歯科におけるかみ合わせ治療は、乳歯から永久歯に生まれ変わる頃、
特に6歳臼歯が生えてきた頃が適齢期と考えられ、この時期にはじめられます。

乳歯と永久歯が混在する時期の治療は、
永久歯が生え揃うまでの準備期間(I期治療)と呼ばれます。

I期治療では、子供の成長に合わせた治療が行われ、
ブラケット(矯正装置)は使いません。

上顎や下顎の前後・左右のズレやゆがみを、
正しいかみ合わせになるように抑制・促進することを目的として治療が行われます。

そして永久歯が生え揃うと、必要な場合はブラケット(矯正装置)を装着する矯正治療(U期治療)へと移行します。

乳歯と永久歯の混在期であるI期治療からはじめることで、
永久歯を抜歯したり、顎の矯正手術を行うなど大掛かりな治療をしなくてすみますから、
やはり小さい頃から治療を始めることが大切ですね。

睡眠中の歯ぎしりは、ストレスの緩和になると言われますが、
かみ合わせが悪いと、様々なストレスが溜まり、
集中力や記憶力が低下、そして、不快感からイライラへとつながります。

不快症状が日々積み重なることで、鬱病になってしまうこともありますから、
かみ合わせは精神の健康維持のためにもしっかり治したいものです。


姉妹サイトです。ここも役立つ情報いっぱい!!

http://shiretsukyousei1.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−1】
http://shiretsukyousei2.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−2】

inserted by FC2 system