歯列矯正3>歯列矯正医師

最近は、美しい「歯」に関心を持つ人が増えていますが、
歯科医師の中でも、様々な専門医制度ができました。

矯正歯科の分野では、日本矯正歯科学会が認定する指導医、
認定医制度が平成元年より施行されています。

学会認定医になると、世界矯正歯科会や、アメリカ矯正歯科会の一員となることもできるなど、
世界的にも認められた歯科矯正医であると認められます。

近年では、日本成人矯正歯科会も発足し、
独自の認定医制度を制定するなど、矯正医の認定を行っています。

認定医とは、日本の歯科医師免許を持っている、引き続き5年以上の学会会員である、
学会指定研修期間において必修の研修を含め、5年以上にわたって相当の矯正歯科臨床経験を持っている、
学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する報告発表をした、
など、様々な条件を満たした人が審査を受け、合格した人を言います。

そして、登録した人に、認定医資格証が交付されます。

指導医とは、12年以上の学会会員である、2年以上矯正歯科診療に千住している、
認定医である、研修期間において、矯正歯科臨床に関し、3年以上の教育歴及び相当の研究業績を持ち、
審査を受け合格した人を言います。

そして、登録した人に、指導医資格証が交付されます。


姉妹サイトです。ここも役立つ情報いっぱい!!

http://shiretsukyousei1.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−1】
http://shiretsukyousei2.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−2】

inserted by FC2 system