歯列矯正3>受け口矯正

受け口になる場合は、顔の歪みによるものが原因になるものが多いそうです。

顔の歪みの原因となるのは、頬杖をつく、いつも同じ方の肩にかばんをかけている、
同じ方に足を組む癖がある、片方の歯で物を噛む癖があるなど、日常生活での「癖」です。

もともと受け口だった人は、このような「癖」で受け口がより進行してしまうこともあります。

日常生活に気をつけると、軽度の受け口の場合、自力で矯正できることもあるようです。

受け口になる事を予防することは必要ですし、
進行させないように気をつけることも必要ですね。

受け口が治らない場合は、永久歯が生え揃った後、矯正治療が必要になります。

子供の受け口が気になる場合には、
永久歯が生え揃っていなくても、一度専門医の診察を受け、
指示を仰いでおくのが良いですね。

受け口がひどい場合には、外科的な手術を伴う場合もあります。
治療期間は、1年から3年ほどです。

ただ、治療期間が終了し、矯正器具を外した後でも、
矯正で動かした歯や、歯を支える骨、歯周組織が安定するまで、
固定相具を用いて、定着させる必要があります。

受け口は矯正も大変です。

上述しましたが、日常生活に気をつけることで、
進行を抑えることができます。

外科的手術など、大掛かりな矯正を行わなくても済むように、
気をつけていきたいものですね。


姉妹サイトです。ここも役立つ情報いっぱい!!

http://shiretsukyousei1.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−1】
http://shiretsukyousei2.web.fc2.com/【歯列・歯科矯正の情報|現役の歯科医師が無料で教えます−2】

inserted by FC2 system